都知事選立候補表明が続々の件と「掛けマージャンは賭博閣議決定」はニュースにならない日本

小池都知事が緊急事態宣言解除のタイミングに計算通りで都知事選に出馬を表明しました(五輪延期まで表には出てこなかったくせに)

築地は守る、豊洲は生かすの公約を反故に


そして、たしか3回目の挑戦の宇都宮健児氏。


まともに取り上げるのもバカバカしいので知らない人も多いと思いますが・・




立花孝志氏は、選挙を利用して知名度を上げて、動画で稼ぎ、なおかつ国民の税金を懐に。


五輪延期まで、緊急事態宣言をしなかったのも計算で、6/19日都知事選告示日に屋外イベント解除も仕組まれている?


黒川元検事長の件では、掛けマージャンをしている公務員に関して、第一次安倍内閣の時の閣議決定で、賭博に当たるとしていたことが話題になりましたが、TVなどでは、もう過去の話かのように問題として取り上げられませんでした。あえて隠す局も。


せめて、都知事選では宇都宮健児氏の得票が伸びて話題となり、露出ではなく政策で選ぶ選挙に目覚めてほしいと思います。

"都知事選立候補表明が続々の件と「掛けマージャンは賭博閣議決定」はニュースにならない日本" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント