「NHKから国民を守る党」が政党要件を満たすことで、どれだけ税金の無駄遣いとなるか、投票した人は猛省すべき

参議院選挙の結果について色々思うところはありますが、題名のひどい結果であることに目が回りそうです。

政党要件を満たすと、国民の代表者である政党として、我々が収めた税金から補助金が出るのです。バカな有権者のためにこんな奴らに血税が使われてしまうのです。
 ただし、次の衆議院選挙や次の参議院選挙で当選させなければ、何千万円かで済みますが、もし、当選するようなことがあれば、億の単位となる可能性もあります。

政党助成金を自分のポケットに入れて、引退してしまったいい例を
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000099-kyodonews-pol
共同通信
中山恭子氏、離党日に2億円移転
中山恭子参院議員
 日本のこころ代表だった中山恭子参院議員が同党を離党した昨年9月25日に、代表を務めていた「日本のこころ参院比例第2支部」から約2億1千万円を自らの政治団体に移していた。支部は翌日解散した。


政治団体あての領収書で、飲食代でも、旅行代金でも、物品購入費でも、いくらでも使うことが出来るのです。怪しいNPOにお金を流しても、それは政治活動として認められるのです。

NHKから国民を守る党がどんな政党であるか引用します。







こんな党の人間が当選し、安倍麻生道路をたった一回の質疑で指摘した、共産党の仁比議員が落選したのです。この安倍麻生道路は建設されれば、推定2700億円が使われます。なぜ、国民のために何もしないどころか、ポケットマネーとして浪費する人間に税金が流れ、血税の浪費をさせないように動く人が落選するのでしょう。日本が破滅しても自業自得です



0001 (17).jpg

しかも、投票率が50%を切っています。今回、野党が、今の経済状況では、消費税を上げることに反対と統一していましたが、自公で過半数となったのですから、10%増税は決まりました。選挙に行かず、また、与党や、NHKから国民を守る党に投票した人たちは、それを受け止めてください。
0001 (38).jpg

政党助成金に主眼を置きましたが、1人の参議院議員に使われる税金




NHKから国民を守る党に投票した人はこんな熔解してしまった人たちであるという分析(日本終わりです)



この記事へのコメント