私の観てきた映画のことなど

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと本当に終わりが見えてきた第2次安倍政権の現在あれこれを記録

<<   作成日時 : 2018/04/16 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今、話題になっていることは昨年すべて明らかになっていたことであり、それを、大々的に、マスコミがとりあげることをしなかっただけで、「公文書改ざん」という政府側も「由々しき事態」と認めざるを得なかった事が発覚してから、あらためて広く報道され知られるようになったという事です。

 今は柳瀬元秘書官の「記憶にない」VS「愛媛県文書」がもっともホットな話題ですが、これもすでに昨年の前川氏の国会証言の時に明らかになっていたことで、1年たってようやく問題視されるという事の方が深刻であると思います。

 次に話題になる人は藤原審議官です。森裕子議員が、委員会ではずっと追及してきた事です。昨年の段階でもっと大々的に問題となっていれば、近畿財務局の人が自殺に追い込まれるところまでいかなかったかと思うと(佐川氏の国税庁長官の辞任も自殺の翌日でした)、不正を許した全国民に責任があると思います。

 


世論調査厳しい事態



しかし、4月14日の国会前の抗議は5万人集まったにも関わらず、TV報道は少なかった



ここに至ってまだ拉致問題を利用する安倍



小泉元首相も引導



次は石破氏・・・・。安倍政権でなく石破政権5年の方がましであったとは思うが・・



しかしネトウヨは頑張っている。



再び病気のため辞任に?


これだけの文言でもセクハラではないと否定する財務省事務方トップ(情けない)



あきれる。日本が世界から軽蔑される







ここまできました。



安倍訪米はアメリカではまったく重要視されていない。(国内もか)




追記します

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
やっと本当に終わりが見えてきた第2次安倍政権の現在あれこれを記録 私の観てきた映画のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる