私の観てきた映画のことなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 護憲派の反転攻勢? 天皇陛下の生前退位(本当に皇室典範改正は憲法改正より優先されるのか?)

<<   作成日時 : 2016/07/14 09:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 当方は、マスコミの争点隠しよりも、総ががり行動の2000万人戦争法廃止署名や共産党も含む野党に、選挙後3日後くらいから、猛烈に腹が立っていました。

 検索キーワードに「憲法」が急浮上し、イギリスのEU離脱状態となっているのですが、そんな事はわかっていたはずで、なぜ、このような戦後最大の危機状態において、せめて半年くらい全身全霊でとりくむことができなかったのか、特に、共産党の存在意義は何だったのか、本当にウルトラリアリスト宣言をしたのなら、知略をつくすべきだったのではと、考えれば考えるほど腹が立ってきていました。




 そんなところに、考えもしなかったサプライズが!!!

 宇都宮氏が立候補を取り下げたことではないです。もちろん。
 今上陛下と安倍政権に対するお考えは、以前の記事でも取り上げていますので、そちらを呼んでください。ツイート引用で終わります。(続きは追記)

























追記
 庶民の様々関係なく、2013年に一度スクープされていたということで、考えられてきたことの様子。これを、改憲派が逆手にとることもあるとの声もあり。しかし、お言葉で最近強調されてきた「日本国憲法を守り」というフレーズが再認識されることは良いことと思います。
 また、いくら改憲勢力うんぬんといっても、党議拘束に従わない人も(逆もあるが)でてくるとはおもうので、改憲発議を阻止することは難しいということはないと思います。

 <生前退位意向>5月から検討加速 宮内庁幹部ら5人
   http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0714/mai_160714_1077354927.html

追記2
 暇人の日本会議の面々に牛耳られた自民党や他の政治家に付き合って、改憲論議をしている余裕は今の日本にはありません。優先事項の事柄が片付くことがあれば(無理でしょ)とりくめばいい。



追記3
 石田純一氏、今後の政治発言封じられる。アメリカでは、ハリウッドスターたちがそれぞれ立場を明確にして発言しているのに、この日本の現状はいかがでしょうか。日本終了。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
護憲派の反転攻勢? 天皇陛下の生前退位(本当に皇室典範改正は憲法改正より優先されるのか?) 私の観てきた映画のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる