私の観てきた映画のことなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘利氏と元秘書不起訴で日本は法治国家終了(マスコミはだんまり北朝鮮並)

<<   作成日時 : 2016/05/31 10:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、籾井独裁NHKのN9の冒頭で「甘利氏事情聴取」と聞いた瞬間、やっと動いたかと思いきや、続けられた言葉が「不起訴へ」で、思わず耳穴ほじくったところでしたが、そのあとの、報道ステーションから続くすべて、ただ「不起訴へ」と続けるのみ。(それどころか、フジTVは舛添特集を組んでいて伝えていなかったので、そのままTVOFFとしたので、最終的にどうだったか不明)
 翌日となっても同じで、今のところワイドショーも伝える様子がありません。

 小沢氏の政治資金報告書の記載での期日ずれが大々的にとりあげられ、元秘書が有罪となり、異常な報道が続いたことと比べて、ひどすぎる結果です。

 これから大逆転があって、「あっせん利得」ではなく「あっせん収賄」で立件されるとか、告発者一色氏が、自首してすべての録音を公開するとか、夢のようなことが起こらない限り、終了で、甘利氏は代議士を続けることとなるのか・・・

 そんなことを許してはなりません!!!

 安倍がトップとなってからの、このモラルハザードの連続を終了させないと、当方はあきらめていますが、日本終了を少しでも先延ばしとする努力を続けなくてはなりません。(普通の人であれば当然のことです)

 元検事の郷原弁護士は、今まで積極的に発言してきていますが、ニュースを受けての発言はありません。(不確定な事に発言できないということでしょうか)。記録として以下に記載します。
 この続きは追記していきます。

 http://www.huffingtonpost.jp/nobuo-gohara/amari_point_b_9941708.html
甘利問題、「あっせん利得罪」より、むしろ「あっせん収賄罪」に注目 〜検察捜査のポイントと見通しA


















安倍は世界を利用して自分の立場をよくする、最低な人物(日本の首相であることが恥ずかしい)



追記
 今回、甘利氏を不起訴にした検事についての情報。



甘利氏の内ポケット50万円自民党では常態化しているとの指摘




追記2
 郷原弁護士が発言しました。このままでは終わらないと頼もしい事も書かれていますが・・・・


追記3
 田中康夫氏のおおさか維新から東京選挙区立候補の話がとびだしました。氏の今までの主張の本当に大切な部分からは、かけ離れています。また、一人行動のイメージと、やくざの組織のような面々がいるおおさか維新の人とちとの共同行動とは相容れないと思うのですが。ご本人はまだ何も語っていません。

追記4
 田中康夫氏の基本は何も変わっていない様子。今回の判断は、橋本個人商店ではなくなったから、自分の意見も通るはずとの気持ちと国政への気持ち、プラス危機感がある模様。(このままでは自民改憲がされてしまう)
 しかし、逆の方向に持っていかれるのではないかと思ってしまいます。まだ正式には決まっていません。

日本人が殺される映像を見たくありません。署名宜しくお願いします。

日本政府はフリージャーナリスト安田純平さんの救出に全力をあげて身代金にも対応を
Every possible effort for rescue of Mr.Yasuda

追記5
 甘利政治活動再開 参議院選で自民党が負ければ、検察審査会からのアクションも可能かもしれませんが・・・・

追記6
 野党共闘を呼びかけていた(あきらめたか)小林節慶応大学名誉教授が、沖縄県議会選で民進党が議員を獲得できなかったことに関して、「民進党は自民党以下だった」との発言。田中康夫氏が、危機感からおおさか維新からの立候補をしたことと同じく、民進党に見切りをつけているのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
甘利氏と元秘書不起訴で日本は法治国家終了(マスコミはだんまり北朝鮮並) 私の観てきた映画のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる