私の観てきた映画のことなど

アクセスカウンタ

zoom RSS いつもの政治資金問題(舛添知事だけではない)プラス五輪裏金問題で「日本終了」の雰囲気

<<   作成日時 : 2016/05/18 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「保育園落ちた 日本死ね!」から様々な出来事があったあとに、再び山尾議員 VS 安倍総理となりましたが、日経御用新聞が、山尾議員を揶揄する内容の記事を書いた事や、政府の対応でもわかるように、日本の少子化傾向への歯止めがかかることはないでしょう。安倍総理の発言は、世間一般のおっさん(日経御用新聞も)の反応そのもので、とても一国の首相として真摯に女性の輝く社会を目指しているとは感じられません。女性差別そのものです。

 一国の首相がすでに時効となったとはいえ、相続税逃れに始まり、政治資金から飲食代を使い放題し、身内が役員をしている三菱グループの利益となる防衛費の増大を図り、自分の意向で憲法解釈をねじまげ、それに周りが追従する現状ですから、都知事の少ない(せこい)金額飲食費の政治資金流用など小さい事となっています。

http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/news/detail.php?news_id=46024
安保法】速記録には「速記中止、議場騒然、聴取不能」と明記され、法案を可決した事実は記載されずに終わっていたが、1カ月後に出された正式な議事録には「速記開始」や「法案を可決」と追加されていた


 それが、マスコミの第1ニュースとなっているのは、雲隠れし続ける甘利氏高市大臣が刑事告発されている事を報道しないことの煙となっているということです。そもそも、舛添知事の政治資金問題については、何年も前に赤旗が報じており、それがこのたび異常にでてきているのは、五輪裏金問題を小さく見せたいがためとの意見もあります。
 陰謀論の人は、早速東京五輪は最初から中止と決まっていたなど書いているようですが、力関係によってこのまま開催となるのか、もしくは前代未聞の再びロンドン五輪となる可能性がゼロではないと思います。以下引用です。

自民党議員の高額飲食費http://blogos.com/article/130980/
安倍首相の政治団体・政党支部/年108回624万円 飲み食い/税金・献金原資に

高市大臣の報道されない刑事告発
 http://lite-ra.com/2016/05/post-2251.html

雲隠れのままの甘利大臣
五輪裏金問題(2020年が日本終了の年となるのか)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
いつもの政治資金問題(舛添知事だけではない)プラス五輪裏金問題で「日本終了」の雰囲気 私の観てきた映画のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる